記事のタイトル

  • home>
  • コラム>
  • 【解説】シリーズ新モデル「ATmini CHARGE(ATミニチャージ)」の特徴と従来品「AT-miniシリーズ」の違いについて

【解説】シリーズ新モデル「ATmini CHARGE(ATミニチャージ)」の特徴と従来品「AT-miniシリーズ」の違いについて

2024.02.09

ATmini CHARGEとATminiの違い

この度、2009年に初期モデルの販売を開始した「ATmini(エーティーミニ)シリーズ」が新モデルに生まれ変わりました!

2024年1月30日より発売を開始したATmini CHARGE(エーティーミニ・チャージ)は、シリーズ約6年ぶりに登場。「これまでのATミニと何が違うのか」「どのようなモードがあるの?」と気になる方も多いと思います。そこで、本記事では、身体のコンディショニングやケアにおすすめしたい「ATminiシリーズ」の違いについてご紹介します。

ATminiシリーズについて

ATminiシリーズとは、「伊藤超短波」が開発し、マイクロカレント(微弱電流)を搭載したコンディショニング機器です。マイクロカレント(微弱電流)とは、人体に流れている電流量とほぼ同等の強さで電気を流すことによって、コンディションを整え、ケアをすることができます。

日常生活やスポーツでのアクシデントに備えて、“お守り”代わりに持っている人も

ATminiシリーズは、「日常生活で手軽にケアを」をコンセプトに、マイクロカレント(微弱電流)の特長をいかし最大12時間の連続使用を可能としました。また、コンパクトなボディが特徴的で、卵1個分ほどの重さしかない“超軽量化”を実現したことにより携帯性に優れ、専門的なケアをいつでもどこでも取り入れることができるようになりました。トップアスリートをはじめとし、スポーツ愛好家を中心に愛用され、シリーズ累計の販売台数は77,000台を突破しています。

新製品「ATmini CHARGE(ATミニチャージ)」の魅力とは

ここからは、ATmini CHARGEのポイントについてご紹介します。

さらに小型化!シリーズ最軽量を実現。製品イメージキャラクターには、日本を代表する右腕、千賀滉大投手が就任!

千賀投手 イメージキャラクター
<製品のポイント>

  • シリーズ最小・最軽量の実現!

従来品より約26%の小型化を実現し、思わずケアしていることを忘れてしまうほどの使い心地の良さが魅力です。

  • USB-C充電を採用

従来モデルの仕様は、充電の際にリチウムイオン充電池を本体から一旦はずし、充電器利用を必須としていました。新モデルはこの手間を大きく改善し利便性が向上。リチウムイオン充電池が「本体内蔵一体型」となりました。これにより、USB-C充電を採用でき、手荷物の軽量化につながったことで遠征などの持ち運び時にさらに便利になりました。

  • 新アクセサリー「CHARGEケース」&「CHARGEバンド」

ATminiユーザーの声を反映し、新たな別売オプション品として「CHARGEケース」と「CHARGEバンド」を開発。コードを気にすることなく、本体を手首や足首に装着してケアが行えます。

「ATmini CHARGE(ATミニチャージ)」に搭載されている3つのモードの種類について解説

ATmini CHARGEの使い方はとてもシンプルです。電源ボタンと操作ボタンを兼ねた[モードスイッチ]を本体右側面に配置することで、片手で操作を完結できる設計にしました。

[モードスイッチ]を長押し(約2秒)で電源を入れ、再び[モードスイッチ]を押してモードの選択を行います。

選べるモードは、「CARE(ケア):タイマー12時間」・「MULTI(マルチ):タイマー3時間」・「COMB(コンビ):タイマー12時間」の3つです。選択したモードに合わせ、最適な出力レベルでケアが開始されます。

各モードのおすすめ利用シーンとは

  • CAREモード

日頃のコンディショニング・ケアにおすすめのモードです。お休みの前や移動中など日常生活にケアを取り入れることができます。従来モデルの「CARE(ケア)モード」と同じ用途で使用できます。

  • MULTIモード

効率を重視して弊社独自に開発された“マルチカレント®”という電気波形を採用し、マイクロカレント製品の中ではATmini CHARGEのみに搭載されている新モードです。アクティブだった身体をリセットでき、短時間でのリフレッシュに最適なモードです。ストレッチとの併用もおすすめです。

  • COMBモード

リフレッシュとケアのどちらにも適したモードです。従来モデルの「HEALモード」と同様の要素が入り、さらには従来の「COMBモード」と同じく、しっかりとケアを行うことができます。特にアスリートの方には嬉しい、パフォーマンス発揮にも影響しにくいモードに進化をとげました。

 

「ATmini CHARGE」と「ATminiシリーズ」の比較

ここまでは、最新モデルのATmini CHARGEの特長を解説してきました。

ここからは、以下の比較表にて従来モデルとの違いを確認してみましょう。

マイクロカレントとアイシングの同時アプローチ!「ヒーリングカレント導子」

別売の「ヒーリングカレント導子」は、筋肉や関節のクールダウンを目的とした製品です。「ATminiシリーズ」の全モデルと接続することができます。ATmini CHARGEとの接続の場合は、マイクロカレント(微弱電流)ながら短時間でのリフレッシュが可能な「MULTIモード」との併用がおすすめです。

             

マイクロカレント製品は、刺激感がほぼ無いことが特徴ですが、刺激を感じないことがメリットとなり、どのようなシーンでも邪魔にならずに利用できます。また、体調や目的に合わせてモードを使い分けることで、より効果的にコンディショニングケアが行えます。

多くのトップアスリートが認めたマイクロカレント製品で、コンディションを整えましょう。

ATmini CHARGEはこちら

 

 

━━━【お知らせ】━━━

※AT-mini Personal ⅠおよびAT-mini Personal Ⅱは、在庫限りにて終売となります。

※AT-mini Personal ⅠおよびAT-mini Personal Ⅱの標準付属品については、今後も継続して販売を行いますが、予告なく終了する場合があります。